☆.:*・゚ 向峠神楽保存会~鵺退治~ (神楽とは)


神楽
以下、Wikiから抜粋 
神楽(かぐら)は、神道の神事において神に奉納するために奏される歌舞。
神社の祭礼などで見ることができ、まれに寺院で行うところもある。

「かぐら」の語源は、「神座」(かむくら・かみくら)が転じたものとする説が一般的である。
神座とは「神の宿るところ」「招魂・鎮魂を行う場所」を意味し、神座に神々を降ろし、
巫・巫女が集まった人々の穢れを祓ったり、神懸かりとなって神の意志を伝えたり、
また人の側からは願望が伝えられるなど、神人一体の宴を催す場であり、
そこでの歌舞が神楽と呼ばれるようになったと考えられている。

古事記および日本書紀においては、
岩戸隠れの段でアメノウズメが神懸りして舞ったという神話が神楽の起源であるとされる。


宮中で行われる御神楽(みかぐら)と、
民間で行われる里神楽(さとかぐら)に分けられる。

里神楽は民俗芸能研究の第一人者である本田安次(1906-2001)がさらに大きく
巫女神楽・出雲流神楽・伊勢流神楽・獅子神楽に分類した。

これらの流れを汲んだ神楽が各地に存在する。

里神楽

一般に神楽と言われているもの。
里神楽という語は御神楽との対比に用いられ、狭義では関東での民間の神楽に用いられる。

出雲流神楽

出雲流神楽(石見神楽)佐陀大社の御座替神事を源流とする神楽。

この神事(佐陀神能)は取り替えた御座を清めるための採物舞と神話や神社縁起を劇化した神能などから成り、
この流れを汲んだうえで演劇性を高めた神楽が中国地方中心に全国へ広がっている。

特に島根県西部や広島県北西部に伝わる石見神楽の系流は、
子供にも人気のある娯楽芸能として確立されている。


石見神楽
出雲流神楽とされるうちのひとつ
県または市町村の無形民俗文化財に指定されている。


特徴


七座舞(神楽面なしで舞う、清めや祓いの儀式舞)と
神能(神話劇)とが整然と分かれず、
演劇性・娯楽性を強めた大衆的な芸能として発展している。

一般的な神楽のイメージとは一線を画した『軽快かつ激しい囃子と舞い』が特徴で、
盛んな石見地方・広島県北西部では子供から老人にまで幅広く人気がある。

石見神楽はもともと、収穫期に自然・神への感謝をあらわす神事として、
神社において夜を徹して奉納されるものだったが
現在はこれに加え、
地元ほか各地で行われる祭事や定期上演、競演大会、民間各種イベントへの出演等、
石見神楽を観られる機会は年中を通して非常に多くなっている。
大会などを除けば、無料で観られる場合が大半である。

子供神楽も盛んであり、石見神楽の伝承に力が注がれている。
近年は全国各地での上演機会も増え、外国公演も行われている。

神楽団体

演ずる団体は前記、石見地域だけで100以上に及び、その地方や団体毎で様々な特徴がある。

演舞

舞手は豪華絢爛な衣装(舞衣)と神楽面を着用し、武器・扇・幣といった採物を手に持ち、
物語に応じた口上も交えながら舞う。
演目によっては舞衣や神楽面の早変わりなど、趣向を凝らした演出も用いられる。

主な演目(抜粋)
大蛇(おろち)
「石見神楽の華」と称されるほどの花形演目で、多くの神楽上演において最終演目として披露される。
日本神話におけるスサノオの八岐大蛇(ヤマタノオロチ)退治を題材とした内容で、
数頭の大蛇がスサノオと大格闘を繰り広げる壮大なスケールの舞いが見られる。
大蛇が数頭登場するようになったのは戦後で、以前は原則一頭のみ登場していた。


黒塚(くろづか)
「悪狐伝」ともいう。
玉藻前の伝承と、能楽(謡曲)「安達原」(観世流以外での呼称は「黒塚」)とを組み合わせた演目。
祐慶法師と剛力は諸国行脚の途上、那須野ヶ原で金毛九尾の悪狐と対峙、剛力は食われ法師は逃げ去る。
この悪狐を、弓取りの三浦介・上総介が退治するという内容。
祐慶と剛力のユーモアある会話や、演者が客席にも乱入して戦うなど、
娯楽要素も盛り込まれ人気演目となっている。


塵輪(じんりん)
「人皇」ともいう。
第14代天皇、仲哀天皇の塵輪征伐を神楽化したもの。
石見神楽の代表的な鬼舞であり、二神二鬼または二神一鬼にて激闘を繰り広げる。
仲哀天皇実在の真偽は定かでないが、仲哀天皇が治めたとされるのは西日本地域で、
かつ演目の中で塵輪を「黒雲に乗って飛び来たり・・」と表現する節があり、
「塵輪は台風である」との見方がある。また神楽には珍しく、この鬼は女の鬼だといわれている。


頼政(よりまさ)
~鵺退治~
平家物語における、源頼政による鵺退治の説話を神楽化したもの。
石見神楽の中でも最も娯楽性の高い演目の一つとされ、
小猿役が観客席を走り回るなどの楽しい演出も見られる。



c0121738_325052.jpg

[PR]

by natsu-nagi | 2009-12-14 03:27 | 09’よっちょれ!よさこい

<< 向峠神楽保存会~鵺退治~ 感想 長州よさこい連 崋劉眞 3 >>