☆.:*・゚ <   2009年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

☆.:*・゚ 長州よさこい連 崋劉眞


~鵺暁~



真正面から見る景色

2007年の2年前、ここにきたときの気持ちを思い出していました

この景色の右側で、座ってずっと崋劉眞さんの演舞が見られるのをドキドキしながら待ってたんだなぁ

なんて気持ちを思い出していました


あれから



あのときはひとりだったけれど、いまは崋劉眞さんともとても仲良くさせていただいて

私も崋劉眞のみんなを知っている

みんなも私のことを知ってくれている

とっても幸せです


この場所からみんなを応援して、

演舞が変わり、衣装も変わり、これが崋劉眞さんの3つめの踊り

なんともいえない気持ちがじわっとこみあげます

隣には今回は見て応援していた崋劉眞のkozueちゃんとなってぃーぱぱさん

前にはビデオを撮っているなってぃーままさんも見えます

すごくあったかくて嬉しい気持ちでした

ひとりじゃない。みんなで。

演舞を見て、そして応援しました



この錦でずっと崋劉眞さんと一緒にいました

河原でみんなでごはんを食べたり待ち時間を過ごしたり

このおまつりに来られていた知り合いの踊り子さん達にもすれ違いに笑顔で声をかけていただいたり

崋劉眞さんに混じる私に「あ!一般ピープル!」と指を指されて冷やかされたりもしましたが

それもまた嬉しかったりもしました

本当に色々が、そして今までが思い出され、本当に今がとても嬉しいです

崋劉眞のみんなの優しさや、代表の柳さんの懐の大きさ

お知り合いになれた大切ななってぃー家のみなさんの愛情の深さ

すべてに感謝したいです



そういえば2年前にこの錦にやってきたとき

夜行バスで明朝現地入りし、何も食べずに最後までおまつりを見て写真を撮って

錦にはコンビニが無いので飢えを我慢しながらおまつり終了後の錦の町をゆっくり歩きました

寒さを缶コーヒーでしのいで、それでもゆったりと流れる山口県での地まで来たことをかみしめていました


そんな一日をあのとき一緒に過ごしてくれたひと

今回も錦に来ていて、そして事情があって2年前と同じように時間を持て余しながら行きも帰りも過ごしたとか

私は帰り、新幹線でびゅーっと帰ってしまいましたが

ひとこと言ってくれてたら

あのときみたいに一緒に付き合って帰ったのに

そう思います

時がたっても、そして状況が変わっても、

出会った大切なものは変わらずに大事にしたいです







c0121738_262461.jpg






崋劉眞の新曲の鵺暁を前夜、柳さんと一緒にビデオで見せてもらいました

普段は煽ってらっしゃる柳さんと、横に並んでその演舞を見られることをとても嬉しく思いました

鵺暁は、最初っから引き込まれるとてもいい曲です

瞬時に編笠が一斉に目の前に揃うところなど、ほんとに所作が速くてキレがよくて美しいです

フォーメーションも右、左、前、後ろと、絶妙なタイミングがあります

さすが柳さんの振り付けだけあって「間(ま)」というものがあります

この間にものすごく引き込まれるところがあります

ためや力強さを感じさせてくれます。

カウントの振りの部分で一歩づつ前進してくるように広がるフォーメーションは迫力があります

佐世保での感想で書かせてもらった「足が浮いてくるような感覚」はこの部分で強く感じます


途中、黒いお面を取ります

よく見ておかないと、いつ地面に置かれたのかわかりません

手から離れ、地面に置かれるまでも、表現の舞いというのがそこにあります


お面を置くのも振りと一体化して無駄が無いのでわからないのです。

とても綺麗です。



曲が途中から津軽三味線のみとなります

同じテンポの三味線の音に振りを合わせていく崋劉眞の演舞は非常に難易度が高く感じられます

合わせていく崋劉眞のみんなの心がひとつにならないと難しいと思いましたし

難しいけれど心をひとつにすることが出来るよさこいがあるなんて本当にすばらしいと思います

三味線の音は途中から半音上がった音色に変わります

それが妙に泣かせる感じでめっちゃ感動します


地面に置かれたお面の間隔も狭く、その場所で回し飛んで着地するみんながいます

よく踏まないものだ、と感心します


投げた網笠が足元にあってもすごい集中力で踊りこなしていきます

一緒に過ごす笑顔の崋劉眞のみんなとは全然違い、みんな真剣でとてもかっこいい


写真は1枚だけ、、、にはせず別記事で続きをのせます

正面だけの写真で、写真的にはどうかなーとも思いますが




『言葉がその想像をかきたて写真を輝かせる』





そう思いますので、この文章と写真を離します




沢山の、私以外に崋劉眞を好きでいてくれて、新曲を見たいと言ってくださっているかたが多いと思いました

オフシーズンに入り、鵺暁を見たくても見られない沢山のかたに少しでも残したいと思います

ぜひ、その目で見られる日まで楽しみにしていてほしいです

長文を読んでいただき、ありがとうございました。




夏凪-and you-

youko*




by natsu-nagi | 2009-11-30 07:23 | 09’よっちょれ!よさこい

☆.:*・゚ にしきふるさとまつり 感想


【にしきふるさとまつり】

この感想は1週間前の錦でのおまつりを書いたものです。


…のはずだったんですが、ごめんなさい!

記事の投稿に失敗しました><

時々、投稿に失敗するエキサイトのブログ。

いつも念のため数回途中で保存するんですが今回はしなかったんです(お疲れかもしれません…)



たくさん書いていたんですが、再び書く気力が^^;

みなさん 本当にごめんなさい。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
3年目の錦、本当に楽しかったです。

なってぃー家のおとうさん、おかあさん、今年も大変お世話になり本当に本当にありがとうございました。
また来年、どこかのお祭りでお会いして、そして楽しくビールでも飲みながらご一緒できたら嬉しいです。

そして崋劉眞のみんな♪
一緒に過ごせて本当に楽しかった!ありがとう!
あ~ ここにいっぱい書いていたのに… 本当にごめんなさい。


なってぃーさん♪
なっちゃーん>< 柳さんばりにめっちゃ書いてたのに消えました(泣)
ちょっとお疲れみたいです。私。
でも。プラス思考でいきます。
ショートで短的に、これからは行けってことなのかもしれませんね^^;


週末に向けて運良く見れた神楽をみんなに見てもらえたらなーと思うのでがんばります。

鵺暁は真正面からの写真ばかりですが、エブスマを見にきてくれてるかたも
み~んな崋劉眞の新曲を楽しみにしてくれているかたばかりでしたね。
少しでも残せるようにがんばります。


錦よさこい連螢のみなさま。そしてスタッフをしてくださったみなさま。
錦町のみなさま。
錦の素敵なお祭りを今年もありがとうございました。


※ ↑今度は念のため保存コピーしました^^;無事(ほっ)


わずかですが、清流線で撮らせてもらった写真を掲載させてもらいます。



c0121738_431271.jpg


清流線はトンネルがいくつもあるのですが

そのトンネルは短く、トンネルから見える景色がとっても素敵です



c0121738_4314817.jpg


途中にちいさな鉄橋がいくつもあり、それも可愛くていい感じです



c0121738_432273.jpg


1両編成のカラフルな青い車両

以前はこんなにカラフルじゃなかった気がするんですが

私の乗っていた車両はピンクでした



c0121738_4321333.jpg
次のトンネルが見えます

湾曲した線路がいいなって思います。

左は田園が見えてますが、清流線の名のごとく、

まっすぐな線路沿いではきれいな清流を見ることが出来ます。

by natsu-nagi | 2009-11-24 04:42 | 09’よっちょれ!よさこい

☆.:*・゚ 【List】第12回 Yosakoiさせぼ祭り



c0121738_057117.jpg■Yosakoiさせぼ祭り■
[2009/10/24(土)25(日)]



(写真はクリックすると大きくなります)


■第12回 Yosakoiさせぼ祭り 
          up!  *感想1  up! *感想2  up! *感想3  up! *感想4  up! *感想5
          up! *長州よさこい連 崋劉眞 「新曲」 ~鵺暁~
          up! *恋龍水俣(名切会場)   up! *恋龍水俣(パールシー会場)  up! *九州男組(名切会場)
          up! *ふくこい連(名切会場)   up!  *嘉人恋(パールシー会場)  
          up! *太宰府まほろば衆 朧瓦(島瀬会場)  up! *風神社中(パールシー会場)         
          up! *結連(アルカス会場)  up! *結連(駅前会場)  up! *結連(島瀬会場)

by natsu-nagi | 2009-11-18 08:59 | 09’Yosakoiさせぼ

☆.:*・゚ Yosakoiさせぼ祭り 感想5

2009年10月24(土)25(日)
長崎県佐世保市で行われた「第12回 Yosakoiさせぼ祭り」に行ってきました。


【島瀬公園会場】
ここにやってきたのは、ゆーいちくんのいる太宰府まほろば衆 朧瓦の応援をするためでした。
演舞前に待機するゆーいちくんと謎まほさんにご挨拶しに行きました。「もうみんなヘトヘトですー」というゆーいちくんは私の真正面で踊ってくれました。小雨の降るなか、レンズの交換も出来ずに近すぎる写真をたくさん撮ってしまいましたが、私の正面でアピールするかのようにガンガン踊ってくれたゆーいちくん、朧三段返し(おぼろさんだんがえし)のとき、レンズ越しにゆーいちくんがこちらをチラ見して笑みを浮かべ、そのすぐあとに切り替えして奥のステージに戻っていったのには見とれました。かっこよすぎ(笑)朧瓦さんの演舞を見終わりご挨拶したかったのですが、このあとに結連さんが演舞されるので所定の場所から動けませんでした。ごめんなさい>< 

結連さんですが、先日の新潟でその演舞を拝見して本当に感激しました。新潟は素晴らしいお祭りです。みなさんが素晴らしく、甲乙などつけられないのですが結連さんは私のなかで別格でした。アマクニで心を掴まれ結びの心で泣きそうになりました。この佐世保では結びの心を拝見するのを楽しみにして来ましたが、その結連さんの演舞は佐世保の仲のいいチームさんと合同で踊る須賀連さんの「いつも心に太陽を」でした。いい笑顔で本当に楽しそうに踊る結連さんに、結びの心を見られないことは残念に思いましたが「まあいいかぁ^^」と思えました。1回目の演舞のときには気がつかなかったのですが、センターのかたが何か旗みたいなものを持っているのが気になってました。なんだろうと思っていたら、2回目の演舞のときにそれに気がつきます。

大切に演舞前、目の前に置き、演舞の最中その旗を持ち、旗を指さしてアピールしたり胸に抱いたり。その旗は多分ですが「にいがた総おどり」で結連さんがもらったものです。遠く佐世保に帰ってきて、その新潟での嬉しかった気持ち、伝えたい気持ちを佐世保で答えておられると思いました。その3回目の演舞を見にここにいました。結連さんの演舞はこの島瀬会場で一番最後、トリの演舞でした。一番最後に結連さんの旗で写真を終わるようにしました。多くのかたに、この結連さんの心が届きますように、その願いを込めて。




ここを読んでくださったみなさん
長文にお付き合いくださり、本当にありがとうございました。


夏凪-and you-  youko*

by natsu-nagi | 2009-11-14 05:34 | 09’Yosakoiさせぼ

☆.:*・゚ Yosakoiさせぼ祭り 感想4

2009年10月24(土)25(日)
長崎県佐世保市で行われた「第12回 Yosakoiさせぼ祭り」に行ってきました。


【西海パールシーリゾート会場】
バスに乗りパールシーリゾート会場に着きました。昨日と変わらずいいお天気ですでに多くの踊り子さんが広い芝の上で合わせの練習をしたりしています。さぁ!崋劉眞のみなさんを探そう、と思い目をやった先のまっすぐ向こうから偶然にも黒い新しい衣装を身にまとった崋劉眞のみんながこっちに向って歩いてきています。りゅうさーん!と叫んでそしてみなさんに手を振ります。バラバラと歩いてこず、りゅうさんを中心にみんながくっついて歩いていてくる、みんなが信頼しあって仲がいいのがわかります。そして黒いかたまりの中心にがたいのいいりゅうさん。黒い衣装もシブいですし、なんかすごい迫力でかなりかっこよかったです。崋劉眞は目立ってました(笑)

すぐに広場で合わせが始まります。新曲の演舞をかなり楽しみにしていたので合わせは見ないでおこうと思ったのですがなんとなく真剣にその合わせを見てしまいました。ものすごく緊迫しています。みんなすごい集中力で頭のなかで何度も振りを繰り返しているんだろうなと思いました。そんななか、ときおり踊りながらにやけている人発見!なってぃーさんでした(笑)合わせが終わって会場に向うとき「なってぃーさん、時々にやけてたからウケた~」と言うと、「だって面白くなってきて~☆」との返答が。あ、たぶん本番に強いヒトってこういうひとをいうんだ~と私はこのとき実感しました(笑)

そしていよいよ崋劉眞の新曲「鵺暁(やぎょう)」曲が凄い!振り付けが凄い!煽りも凄い!オリジナル性とテンポとその世界感というか、独特で、よさこいの一世風靡といった感じを受けます。見ている私の足が地面から浮いていくような感じがありました。浮き足立つといった感じではなくて、地面からドンドンドンとあがってくる何かを感じるというか、そんな感じです。演者のみんなはもうレベルが違うというか、個々のレベルが高すぎると感じました。でもこれは、みんなが踊ることが好きで、この新曲にすごく集中していて、また練習もかなり積んできて、その真剣さが醸し出しているもの、それがわかるので、個々のことは崋劉眞においてはそんなに取り上げるべきことではないかもしれません。とにかく期待にあふれるものでした。鵺暁をつくってくれた柳さん、そして踊ってみせてくれるみんな。こころから見せてくれて「ありがとう」って言いたいです。

崋劉眞の演舞を見終わって私も一緒に移動したかったのですが、そのすぐあとに嘉人恋さんの演舞がありました。見るとそこには来られないはずのうっちーさんが!もしうっちーさんが来られなければ嘉人恋さんのメンバーさんは3人での演舞。みなさん、うっちーさんが懸命に仕事を調整して駆けつけてくれたこと、演舞に間に合ったこと、本当に嬉しかったと思います。私も嬉しかった~!!!嬉しくて、「うっちーさーーーん!」と声援すると、なぜか周囲から笑いが。え!なんで?と思いながら、かなり恥ずかしかったです。タイミングが悪かったのでしょうか(笑)嘉人恋さんの演舞を写真に撮っている間、「崋劉眞とはぐれる~^^;」と気になりつつも最後まで見させてもらいました。写真なんですが、笠をほおリ投げる瞬間などは後ろにピントを持っていかれてブレましたが、気持ちなのでアップしました。そして、そのなかには例の写真があります(うっちーさんにしかわからないかも、ですが)その写真は今回、佐世保のフォトコンに送ってみました。お祭りをこれだけ撮影している私ですが、よさこいの写真をそのお祭りのフォトコンに出すのは初です。駅前に貼りだされていた嘉人恋さんの写真、見れてとても嬉しかったので、また来年もそこにあると嬉しいと思いました。拙い写真ですので入賞できるかどうかはわかりませんが入賞できると嬉しく思っています。嘉人恋のみなさんもめっちゃ喜んでくれると思います。今回、佐世保に行き、撮らせてもらった写真のなかにもう1枚、心に残る写真がありましたのでそれも一緒に応募しました。ここのブログにはアップしていないチームさんなのですが、特に心伝わる写真だと思ったので賞のいかんに関わらず、多くのかたの目に届けられると嬉しいと思っています。

嘉人恋さんの演舞を見終わり広場へ行くと、やはり崋劉眞のみんなの姿は見当たらず完全にはぐれた模様でした。声もかけられずにはぐれてしまったことをかなり後悔した矢先、なってぃーさんが気にかけてくれて電話をくれました。そしてみんなが駐車場から車で出るところだったとのことだったので待たせてもらって拾っていってもらえることに(嬉)みなさんを待つ間、嘉人恋のうっちーさんが声をかけてくださいました。キレイな奥様もご紹介いただけました。美女となんとか…(もういいって?笑)まごさん号に乗せていただきました。車内がとっても楽しくていっぱい話しができました。駐車場がなかなか遠く、降りてからも会場へかなり距離があり、みんなと息をきらしながら歩きました。神戸ALIVEでの移動を思い出す距離でした。しんどかったけど思い出せる重なる思い出があるっていいなーと思いました。移動中はなってぃーさんがずっと話し相手になってくれました。次の演舞への緊張もあるだろうに、この佐世保でも私にすごく気を配ってくれていました。なってぃーさん本当にありがとうって気持ちでいっぱいでした。こんな私はなってぃーさんと一緒に歩きながら新曲の振り付けを教えてもらいました。歩きながらしゃべりながら身振り手振りで一生懸命に説明してくれるなってぃーさんの息が切れて申し訳ない気持ちになりました。でも、教えてもらえて本当に嬉しく思っていました。やっぱり崋劉眞のことを知れることはとても嬉しいです。


【中央公園会場】
ここでの崋劉眞さんの演舞は男ならの練り歩きでした。この会場はメインの名切の会場に隣接しています。待ち時間の間、名切の会場にお茶を買いに行ったとき、太宰府まほろば衆 朧瓦のゆーいちくんが目の前を走っていきました。なにやら急いでたっぽいゆーいちくんに「ゆーいちくん!」と声をかけました。笑顔で答えてくれるゆーいちくん、私が来ているということは崋劉眞さんも来ているということを知ってくれたようで、それとも1曲目の男ならが名切の会場まで届いたかな?中央公園会場にチームのメンバーのかたと応援にかけつけに来てくれてました。中央公園会場での男ならの演舞は広い車道に車があまり通らない、両脇には紅葉しかけた木々があり、とってもいいロケーションでした。演舞もイケイケで盛り上がり、すごく楽しい時間でした。長い車道を3回も連続しての演舞に私も大汗をかいてしまいましたが、かなり楽しくて本当に充実していました。何より柳さんも楽しそうに煽って、そしてみんなもいい笑顔で、撮らせてもらった写真もかなり気に入っています。個人撮りした写真も多く、その写真はブログにアップせずプリントしました。次のお祭りに持って行ってみんなに見せてあげたいと思います。


【島瀬会場】
ここは商店街の横にある小さな広場の会場といった場所で、多くのお客様と待機している踊り子さんで賑わっている感のあるところでした。次の崋劉眞の演舞は2回目の鵺暁。まだまだ緊張感のただようなかでの待ち時間、超明るいせらっちから煽りの一部を教えてもらいました。一緒になってこれはこうで~と話をしててとっても楽しい時間を過ごしました。鵺暁の煽りのなかに超かっこいいとこがあります。いつかまた機会をみて写真とともに差し入れて鵺暁をめっちゃ盛り上げたいと思います(笑)混雑する会場で正面から写真撮影をしました。事前に場所取りせずに正面から撮影する方法は、演舞の少し前に正面に近い場所で比較的空いてそうな場所を探し、お客様が入れ替わるのを待ちます。そして、演舞が始まる前に両隣のお客様に「このチームさんを撮りたいんですが、ここに入らせてもらってもいいでしょうか?」とお願いをしてみます。私の後ろに立たれているお客様にも一礼してお願いします。たいがいのお客様は快く「いいよ」と言ってくださいます。そうして仲良くお話しすることも多いです。こちらでは「どこから来たチームを撮るの?」と聞いていただいたり。私は大阪から来ているんですけど山口県のチームさんを撮るんですよ~と言うと「大阪って1チーム来てるよね!」との返答。私より全然、詳しくてよくご存知な一般のお客様。九州はよさこいの好きなかたが本当に多いなと感じた瞬間でした。崋劉眞が登場したとき、「お!天狗?」と聞かれましたので「そうなんですよーカラス天狗なんです。見てあげてくださいね!」などと会話を交わします。よさこいを見に行くとチームさんの方以外にもたくさんの出会いと笑顔に会えます。だからでしょうか。私はこうやって色んなところに出かけるのが嬉しいし楽しみです。



【名切会場】
崋劉眞の演舞、ここで最後になります。ここでも鵺暁を見させもらうことが出来ました。演舞が始まる前、かなり緊張した雰囲気に。柳さんの渇が入ります。私は何も出来ませんのでただ横にいて見守るだけです。演舞が始まる前、ステージ前に場所を探しに行きます。崋劉眞のみんなに「みんながんばって。私は仕事してきます」と言い残して(笑)ステージ前に行くと、春日のパパさんが「崋劉眞さんを撮るんだったら横においでよ」と声をかけてくださいました。春日のパパさんのいる場所は真正面の有料席です。横の席はいくつか空いており、じき佐世保実行委員会の本部のかたが来られる場所とのこと。春日のパパさん、本当にありがとうございました。無事に崋劉眞の演舞も終わり、春日のパパさんが少し離席するのでここで見といてほしいと言われたので崋劉眞のみなさんにお別れのご挨拶を急いでしにいきました。そこにはこの時間まで見ることの出来なかった晴れやかなみんなの笑顔が。新曲、本当にお疲れ様でした。慌ててきたので荷物を春日のパパさんに預かってもらったままです。実はこの日、私は神戸でその話しが盛り上がった粗品タオルを柳さんにお土産で持ってきていました。緊迫した雰囲気に、渡すタイミングが分からずずっと持ってました。そのタオルを最後にお渡ししようと思っていましたが残念なことになりました。春日のパパさんのところに戻り、少しお話しをしました。ほんの少しのお話しなのに、本当に楽しくて盛り上がります。なんていうか、春日のパパさんとは本当に気が合う感じがしてなりません。こんなことを言うと失礼かもしれませんが、春日のパパさんと私の撮る写真はとてもよく似ていると感じています。大きな愛情を持ってよさこいを撮影される春日のパパさんと全く似た写真を撮ることが出来ていると知った私には本当に大きな喜びです。しばらくご一緒に撮影していると九州男組の演舞が始まりました。なんとそこの前列には高知に引き続き、恋龍水俣のあきらっちさんがいました。それも高知と全く一緒の条件、横に広いステージなのに真正面にあきらっちさんがいます。これはもう運命だなぁと思いました。そして九州男組の演舞を見終え、春日のパパさんに丁寧にご挨拶をし、観客席を離れます。そうするとそこには崋劉眞のみんなが!ミラクル、お別れをしたはずなのにもう一度お会いできました(笑)おみやげの粗品タオルを柳さんにお渡しすることが出来ました。さっそく気に入ってくれる柳さん。崋劉眞のみんなが頭に巻いてよ柳さーん♪の声に「もったいないわー」の声、柳さんありがとうございました。嬉しかったです。そして装着してくれる柳さん。めっちゃ似合ってる!私もずっと見ていたい気持ちでした。もういちどみなさんにお別れをして、予定していた島瀬公園会場にもう一度戻りました。




感想5につづく

by natsu-nagi | 2009-11-14 02:45 | 09’Yosakoiさせぼ

☆.:*・゚ 結連(島瀬会場)

- musubiren -


c0121738_553784.jpg


c0121738_554644.jpg


c0121738_555565.jpg


c0121738_56415.jpg


c0121738_561627.jpg


c0121738_562764.jpg


c0121738_563544.jpg


c0121738_5645100.jpg


c0121738_57329.jpg


c0121738_571410.jpg


c0121738_565497.jpg

by natsu-nagi | 2009-11-12 05:08 | 09’Yosakoiさせぼ

☆.:*・゚ 結連(佐世保駅前広場会場)

- musubiren -


c0121738_4523170.jpg


c0121738_4524291.jpg


c0121738_4525474.jpg


c0121738_453581.jpg


c0121738_4531529.jpg


c0121738_4532545.jpg


c0121738_4533690.jpg


c0121738_4534740.jpg


c0121738_4535795.jpg


c0121738_454746.jpg


c0121738_4541712.jpg


c0121738_4542781.jpg


c0121738_4543816.jpg


c0121738_4544818.jpg


c0121738_455080.jpg


c0121738_4551119.jpg


c0121738_4552120.jpg


c0121738_4555439.jpg


c0121738_456621.jpg


c0121738_4561869.jpg


c0121738_4562912.jpg


c0121738_4564070.jpg


c0121738_4565240.jpg


c0121738_457378.jpg


c0121738_4571450.jpg


c0121738_4572519.jpg


c0121738_4573651.jpg


c0121738_4574912.jpg


c0121738_458031.jpg


c0121738_4581343.jpg


c0121738_4593536.jpg


c0121738_4595282.jpg


c0121738_50467.jpg


c0121738_501780.jpg


c0121738_503029.jpg


c0121738_504198.jpg


c0121738_505618.jpg


c0121738_51866.jpg


c0121738_5120100.jpg


c0121738_513210.jpg


c0121738_514649.jpg


c0121738_515845.jpg

by natsu-nagi | 2009-11-12 05:02 | 09’Yosakoiさせぼ

☆.:*・゚ 結連(アルカス広場会場)

- musubiren -


c0121738_4482548.jpg


c0121738_4483457.jpg


c0121738_448421.jpg


c0121738_4485397.jpg


c0121738_449164.jpg


c0121738_4491127.jpg


c0121738_4492090.jpg


c0121738_4493063.jpg


c0121738_4494057.jpg

by natsu-nagi | 2009-11-12 04:50 | 09’Yosakoiさせぼ

☆.:*・゚ Yosakoiさせぼ祭り 感想3

2009年10月24(土)25(日)
長崎県佐世保市で行われた「第12回 Yosakoiさせぼ祭り」に行ってきました。


【佐世保駅前広場会場】
さきほどのアルカス会場にいたのは理由がありました。長崎県の結連さんを拝見したかったからでした。そして結連さんの次の演舞場が佐世保駅前広場会場でした。アルカス会場では横から拝見、そして駅前広場会場では正面から。ここで結連さんのすごいことに気がつきました。この佐世保での写真のアップの最後に結連さんの3つの会場での演舞を写真はわずかですがまとめてアップいたします。これが愛なんだろうなぁと感激しました。


【西海パールシーリゾート会場】
結連さんの駅前での演舞を拝見してからまた気分がすぐれなくなってきました。ホテルに行って休みたい、と思いチェックインの時間を聞きに行くとまだ1時間半も先とのこと。もう写真を撮ることも見ることも出来ないぐらいにしんどかったのですが、タイムスケジュールを見開いて西海パールシーリゾート会場にがんばって行ってみることに。めちゃくちゃ距離があってバスで行かないといけない場所とのこと、かなり悩んだのですが、翌日、崋劉眞のみなさんが来られて演舞する最初の会場、下見もかねて行ってみることに。時間的に足を運んでも会場が終了の時間が近づいてきていましたが、その会場のトリを踊られるのは「風神社中」さんというチームさん。このチームさんを知ったのは2007年の山口県錦町のおまつりでした。それから昨年のふくこいアジア祭りでも拝見しているのですがめちゃくちゃいいんです。ずっと笠を被ったまま踊られるのですが、鳴子ではなく四竹という鳴物を使われます。四竹の房の動きにほんとうにみとれます。出来れば見たい気持ちがありました。そして見せていただきました。やっぱりいいなぁと思いました。本当にすごくよくて、演舞が終わった風神社中さんに声をかけたくて怪しさ満開で近づきました。微妙な距離で近づきじーっと見てると、煽りのかたが不振そうにこちらを見てくださったので、かなり離れたところからよかったですー身振り手振りで感想を言って逃げました(笑)

【ホテルにチェックイン】
西海パールシーリゾート会場はヨットハーバーに隣接し、観光船が出航している場所でした。ちょっと寄り道して夕景を見ました。夕陽のなか出航する観光船に手を振る現地スタッフのかた。めっちゃ素敵~。後ろから撮らせてもらってスミマセン。私のブログの写真がひさびさ入れ替わりました(笑)帰りのバスがなかなか来ないなか、山を飛ぶ鳶をみながらヒマをつぶしました。ホテルに帰るともうクタクタ。なんだか疲れが究極すぎてくしゃみも出てくるし熱っぽくなってきました。明日やばいなー…と思っていた矢先、嘉人恋のうっちーさんからメールを頂きました。崋劉眞のなってぃーさんのエブスマを見て私が佐世保に来ていることを知ってくれて連絡をくださったのです。嬉しくてここで少しの元気が出ます。でもうっちーさんはお祭りに来られないとのこと。お仕事が休日も犠牲になってしまうぐらい、毎日その日に帰れないぐらい忙しいとのこと。私も明日は嘉人恋さんの演舞が見られるタイミングが見つかるかどうか微妙でしたが、かなりさみしくなってまた元気が無くなっていきました。最後の体力をふりしぼってベッドに寝転びながら明日のタイムスケジュールを確認しました。


【名切会場】
明朝、予定していた時間を30分も寝過ごしてしましました。慌ててチェックアウトの準備、ホテルの朝食がありましたが道に迷う可能性のある私に食べている時間は無いと判断、そして名切の会場に向かいました。現地まで少々距離があった会場を一生懸命時間を気にして歩きます。だいたいの場所にまで来たとき右かなぁ左かなぁと目をやると、嘉人恋のメンバーの方が自販機で飲み物を買ってられるのを発見。近くへ小走りに駆け寄りご挨拶をしました。みづま祭り以来にお声をおかけするみなさんに名前を名乗るとなんと私のことを覚えてくださっていました。あとで嘉人恋のうっちーさんにお聞きしたところ、覚えているのは当然とのこと、みづまのお祭りでもこの佐世保のお祭りでも、パンフに掲載されているチーム紹介の写真は私の撮影させてもらったものを使ってくださっていたとのこと。本当にありがとうございます、という嬉しい気持ちでいっぱいでした。それに、嘉人恋のみなさんは私がお聞きしてもいないのに「名切の会場、すでにど真ん前に春日のパパさんがいらっしゃいますよ」と教えてくださいました。春日のパパさんとは私が大尊敬しているカメラマンさんです。ここのブログでまだ2008年のその記事をアップしていないので、春日のパパさんのことはまだどなたもご存知ないはずなのに、それを知ってくださっているというのは本当に感激しました。嬉しかったです。そして会場に到着、ステージ裏に行き、黒い衣装に赤い文字の入ったみなさんを探します。ここの会場に来たのは恋龍水俣さんにお会いするためでした。演舞前に合わせをしているみなさんにお声をおかけしたかったのですが残念ながらお会いできず。仕方なくステージのほうでみなさんの演舞を待つことに。そしてすぐに恋龍さんの演舞時間となりみなさんに声援。私のことに気がついてくださって、実際にお話したわけではなかったのですが声をかけあった、話しが出来た、そんな気持ちになれました。恋龍さんの演舞が終わったそのあとはふくこい連のみなさんの演舞がありました。ふくこい連にもお知り合いになったかたがおられます。ふくこい連さんのふくこい祝いうたもとってもいい曲。そのまま演舞を見させてもらいました。ふくこい連さんの演舞終了後、この会場をあとにする前に前列にいる人のなかに春日のパパさんがいらっしゃらないか探します。いないな~と思っていたら後ろから背中をポンポン、振り返ると春日のパパさんでした!「あ!パパさん!いま探してたんですよ~!」というと、春日のパパさんは「探しているように見えたから声をかけた(笑)」って言ってくださいました。もうほんと嬉しくて、気持ちが伝わって以心伝心状態でした。そしてまたこの会場に来ます、とか会話を少しかわしてこの会場をあとにします。向うは西海パールシーリゾート会場。崋劉眞に会いにいきます。


*感想4につづく

by natsu-nagi | 2009-11-12 04:46 | 09’Yosakoiさせぼ

☆.:*・゚ Yosakoiさせぼ祭り 感想2

2009年10月24(土)25(日)
長崎県佐世保市で行われた「第12回 Yosakoiさせぼ祭り」に行ってきました。


【佐世保行き深夜バス】
バスの話しはなるべく飛ばしたいですが少しだけ。佐世保には大阪から10時間かかります。
私としてはあまり苦にはならないのですが、乗ったそうそう私の前の人が思いっきりシートを倒し、
その頭が私のすぐ前にあるという狭さでした。シートがこれだけ倒れるのに何も文句もいえませんから
こういう時はプラス思考で「寝たらおしまいやし」と思うことに没頭します。けれど出発後のバスの案内アナウンスを聞いてびっくり。なんと現地までぶっとおしのノンストップ!普通は少休憩が2回ほどあったりするのですが、と思い車内を見に来た乗務員さんに「ひょっとして休憩って無いんですか?」とたずねてみると「そうなんです~」と。なんと…佐世保はノンストップで走らなければならないほど遠いのか…と絶望しました(笑)
もちろん乗務員さんの休憩はあるらしいのですが、乗客の降りられる休憩はなし。これは寝てたらおしまいという以前に、10時間は足が非常に浮腫む辛いことなのです。それに、前のシートが倒れすぎていて身動きが取れません。う~ん…困った…と考えていたら、乗務員さんが小声で「よかったら一番前の席が空いてますから移ってもらってイイですよ」と気をつかって声をかけてくださいました。お言葉に甘えて前に行かせてもらったのですがそこの席はなんかすごく寒い!寝るに寝られない寒さでした。う~ん…^^;
あとでわかったのですが、休憩がなかったのは20分遅れてきた女の子をバスが待っていてあげたからとのこと。う~ん。。みなさん、時間に遅れないように気をつけましょう。

【佐世保着】
現地に朝8時に着きました。目の前には佐世保駅が。わ~佐世保に来てしまった~、と一瞬異国の地の感慨にふけります。泊まりで来ているので本日泊まる宿を先に探そうと、おおよその方向に目をやると目の前にすでにそのホテルがあります。なんと便利なところにあるじゃないですか。と、ここで朝の段取りはもう終了です。あとは手元に佐世保祭りの情報が何も無いので駅に向って歩いていきました。駅にはお祭りのパンフや案内は無かったものの、佐世保祭りの昨年の写真が中央の特設場に貼りだされていました。それを見て、佐世保祭りって大々的に行われている大きなお祭りなんだなぁって思いました。写真はフォトコンに応募されて入賞された写真ばかりでしたので見ごたえがありました。九州の明るくて楽しいお祭りを象徴するかのような素敵な写真が多かったです。そこに!仲良くしていただいている嘉人恋さんの写真がありました。知っているチームさんの写真がそこにあり、とても嬉しい気持ちになりました。時間を持て余し、一度宿泊先のホテルに偵察に行くことにしました。ホテルに入ってキョロキョロすると、ロビーのカウンターに演舞会場の案内のチラシが置いてありました。これは助かります。1枚頂いて駅に戻り、駅地図で一番近い会場を調べその会場に向って歩き出しました。

【アルカス広場会場】
ここでようやくお祭りのパンフレットを手に入れることが出来ました。朝早くからスタッフのかた、ご苦労様でした。とても礼儀正しくて元気のいいスタッフのかたに「今日は踊られるのですか?」とお聞きしてみると「踊らない人なんですよースタッフだけしに来ています」とのこと。ここ、佐世保のお祭りのボランティアスタッフさんはなんと多くが大学生!驚きです。お祭りの司会もしたりするんです。中心となってがんばっている感じでした。パンフなんですがお金が必要でした。よさこいのお祭りでタイムスケジュールを知るのにお金を払うことは数回ほどしかなく、わざわざ買ってまで…と思いましたが絶対に必要だったので買いました。でも、内容がすごく充実していてお客様も踊り子さんも十分に楽しめる本当に素晴らしいパンフでした。目当てのタイムスケジュール表ですが、広げる様式の1枚もので、サイズがやたら大きい!新聞を広げたぐらいあります。そのスケジュール表を新聞を広げるように見てチェックしだした私でしたが、食い入るように見ているのが自分でもわかったのでちょっと恥ずかしくなりました。スケジュール表の大きさが目立ちすぎです、私も一緒に目立ってしまいます^^;

スケジュールを見て目を疑うようなことがおきます。この日は私がお会いしたかった「螢」さんが確か来られているはずの日でした。それが!!!なんと!!!その日は次の日…。この日は来られていない。。。え、うそ!そんなぁ~、と思いっきりショックを受けました。そして、この土曜日は知っているかたのチームさんはほとんどおられず、みなさん明日の日曜日にすべてブッキング。身体の疲れと気持ちの脱力感でもう動く気も起こらず、ここアルカス広場会場でお祭りを楽しむことにしました。ここにいれば結連さんというチームが来られます。これは私にとって楽しみなことでした。私はここの会場ではフォトコンテスト用の写真を撮っていました。社用なんですけど会社が所属している組合のフォトコンでそのお題も決まっていましたが「よさこい」とはまったく関係がありません(笑)人が写っていればいいというものでしたので、よさこいをからめたものを1枚入れたかったのでがんばってました。そうしていると、なんだか気分がすぐれなくなってきたのでこの会場をあとにしました。


その3へつづく。(長いのでつづくバージョン)

by natsu-nagi | 2009-11-09 03:29 | 09’Yosakoiさせぼ