☆.:*・゚ なにわ淀川花火大会

- naniwa yodogawa hanabitaikai -


c0121738_4162396.jpg



第21回を迎える「なにわ淀川花火大会」に足を運びました
大阪の大きな第一級河川「淀川」の河川敷きで見られるこの花火大会に足を運ぶのは実は初めて。
昨年はこの日、会社の宴会だったので、家に帰ってからまだ打ちあがる花火を遠目に見ました。
その前の年は、近くまで自転車で行って見ました。その前の年は映画のレイトショーに行く途中に建物の間を打ちあがるその花火を見ました。
・・・と、いままでまともに足を運んだためしがありません。
この「なにわ淀川花火大会」は平成元年に手作りの花火大会として3000発の打ち上げ数から始まり、
今では協賛なども得て、打ち上げ数未定の推定50万人が集まる大花火大会となっています。
そんな場所へダイレクトに足を運ぶ、しかも初めて、なんて、とても怖すぎたんですが、がんばって行ってきました。
まずはこの日の猛暑のなか、この会場の近くのカメラ屋まで「変換ネジ」というのを買いにいくついでに?現場検証に。
花火は19:50~20:40に打ちあがりますが、15:00に現場に行くともうすでにけっこうな人が座って待っていました。
すごく印象的だったのは、カップルで来ていた人の、特に男の子たちがもう顔を真っ赤にして
玉のような汗をかいていて、倒れはしないかとかなり心配になりました。
どんどんと会場にあふれ出す人・人に私も焦ってきて急いで家に戻り支度をして出直しました。
夕方、18:30頃に現地に着くともう見たことのないほどの人で、一帯の河川敷きは隙間ないほどの人で埋め尽くされていました。

1枚目の写真は、打ち上げを待つ間、どんどんと暮れていく空がとってもキレイに染まり、周りのみんなが一生懸命に撮っていた写真です。

いよいよ打ち上げが始まったのですが、想像以上の大きさに驚きました。
最初の打ち上げのとき、雨が降ってきたと勘違いする水滴を浴びました。
私はけっこう打ち上げ場所に近かったのでしょう、もっていったカメラのレンズにも花火は大きすぎて入りきりませんでした。
大きな花火大会の花火の写真を豪華に撮るなら、もっと離れた見通しのいい穴場で撮ったほうがよかったのかもしれません。
でも、とってもキレイでした!地盤のゆるい河川敷きに打ち上げ花火の振動が身体に響きます。
花火はバンバンと打ちあがり、その煙のすごいこと、近接して花火を撮るとその煙で花火があまりキレイには撮れませんでしたが、
いろいろな創作花火を撮ってきました。失敗写真もありますが・・・。最後のフィナーレの花火のアップまで。

追伸:いま、お電話を頂いたあなたへ。
待ち時間や帰りの混雑の退屈な時間、その時間にたくさんの話しをしたくて声をかけてました。
また今度ネ^^

 





c0121738_4164415.jpg


c0121738_4165519.jpg


c0121738_417663.jpg


c0121738_4171882.jpg


c0121738_4172836.jpg


c0121738_4174096.jpg


c0121738_4175081.jpg


c0121738_418061.jpg


c0121738_4181055.jpg


c0121738_4182017.jpg


c0121738_4183288.jpg


c0121738_4184384.jpg


c0121738_4185312.jpg


c0121738_41942.jpg


c0121738_4191543.jpg


c0121738_4192588.jpg


c0121738_4193498.jpg


c0121738_4194438.jpg


c0121738_4195532.jpg


c0121738_42073.jpg


c0121738_4201566.jpg


c0121738_4202474.jpg


c0121738_4203341.jpg


c0121738_4204478.jpg


c0121738_4205538.jpg


c0121738_421617.jpg


c0121738_4211657.jpg


c0121738_421262.jpg


c0121738_4213781.jpg


c0121738_4215062.jpg


c0121738_422236.jpg


c0121738_4221744.jpg


c0121738_4222864.jpg


c0121738_4223948.jpg


c0121738_4225039.jpg


c0121738_423067.jpg

by natsu-nagi | 2009-08-10 04:25 | 09’natsu-matsuri

<< 恋龍水俣 山口ちょうちんまつり 感想 >>